アライド・ブレインズ「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 官公庁編 第4回」の概要

調査目的

客観的な指標を用いて、公共機関のウェブサイト(全ページ)におけるアクセシビリティ対応の現状を明らかにすることによって、公共機関ウェブサイト品質向上のきっかけを提供し、高齢者や障害者を含むウェブサイト利用者の利便性向上に貢献する。

調査対象

  1. 独自ドメインを取得している・官公庁の公式ウェブサイト※1(39サイト)
  2. 独立行政法人の公式ウェブサイト※2(102サイト)
  3. 特別民間法人※3の公式ウェブサイト(38サイト)

※1 官公庁については、独自ドメインを取得しているサイト(計39サイト)を調査対象としています。
※2 独立行政法人のうち、福祉医療機構と海洋研究開発機構については、CRONOS2による解析が不可能なため調査対象から除外しています。
※3 特別民間法人=特別の法律により設立される民間法人
調査対象1.〜3.合計179機関の公開されている全ページ(同一ドメイン内)を解析。

調査期間

2010年6月24日から7月9日

調査・分析方法

アライド・ブレインズが独自に開発したウェブサイトの品質解析プログラム「CRONOS 2(クロノス2)」を用いて各ウェブサイトのトップページよりリンクを巡回し、同一ドメイン内のHTML内容を解析した。今回の調査では、「CRONOS 2」の各種解析項目のうち、代表的な項目として以下のデータを取り上げ、分析した。

到達レベルの判定基準と該当数

基本レベル評価

基本レベル評価の基準と該当団体数
レベル 団体数 評価 次に求められる対応 画像代替 構造化
官公庁 独立行政法人 特別民間法人
A 6 9 7 サイト全体で画像代替・構造化ともに十分対応している 配慮の適切さの確認
レベルの維持
90%以上 70%以上
B 6 8 4 サイト全体で画像代替・構造化ともに対応している 配慮の適切さの確認
構造化の徹底
80%以上 40%以上
C 15 22 4 画像代替・構造化ともに対応に着手している 画像代替の徹底
構造化の徹底
60%以上 10%以上
D 11 38 9 画像代替が不十分である/構造化の着手が遅れている 画像代替の徹底
構造化の着手
40%以上
E 1 25 14 画像代替が不十分なページが極めて多い 画像代替の見直し・着手 40%未満

配慮レベル評価

配慮レベル評価の基準と該当団体数
レベル 団体数 評価 次に求められる対応 画像代替 構造化 ナビゲーション リンク/タイトル コンテンツ表現
官公庁 独立行政法人 特別民間法人
A-a 0 0 0 サイト全体で全項目とも十分対応しており、管理が行き届いている ・配慮の適切さの確認
・レベルの継続的チェックおよび向上に向けた体制構築
100% 90%以上 80%以上 95%以上 100%
A-b 0 0 0 サイト全体でリンク/タイトル、ナビゲーションについて十分対応している ・配慮の適切さの確認
・構造化、コンテンツ表現対応の精度向上
100% 85%以上 80%以上 95%以上 99.5%以上
A-c 0 0 0 サイト全体でナビゲーション、リンク/タイトル、コンテンツ表現について対応が進んでいる ・構造化、ナビゲーション、リンク/タイトル、コンテンツ表現対応の徹底 100% 80%以上 75%以上 90%以上 99%以上
A-d 0 0 1 サイト全体でリンク/タイトル、ナビゲーション、コンテンツ表現について対応に着手している ・画像代替、構造化、ナビゲーション、リンク/タイトル、コンテンツ表現対応の徹底 95%以上 75%以上 70%以上 85%以上 98%以上
A-e 6 9 6 画像代替・構造化については基本レベルの基準を満たしているが、配慮レベルの追加3項目については対応不十分である ・画像代替、構造化対応の徹底
・ナビゲーション、リンク/タイトル、コンテンツ表現対応の着手
95%未満 75%未満 70%未満 85%未満 98%未満

個別の調査結果はA.A.O.サイトにてご確認ください。
A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 官公庁編第4回 集計結果発表

調査に関するお問い合わせ

アライド・ブレインズ株式会社 担当:目次(めつぎ)・大久保・田崎
Tel:03-3261-7431 Fax:03-3261-7432 e-mail:office@aao.ne.jp
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-8 トミービル3、 2階

→プレスリリース本文へ