アライド・ブレインズ「2006年自治体サイト全ページアクセシビリティ実態調査」の概要

調査目的

自治体が公開している全ページを点検することにより、各課で作成したページや古いページなど、下層のページまで含めたホームページ全体の品質を明らかにし、アクセシビリティの基本対応がどの程度できているか、発展対応にどの程度着手できているかを把握する。

調査対象

調査時期

2006年8月22日〜10月12日(主な解析時期は、8月22日〜9月29日)

調査・分析方法

アライド・ブレインズが独自に開発したホームページの品質解析プログラム「CRONOS 2(クロノス2)」を用いて各自治体のトップページよりリンクを巡回し、同一ドメイン内のHTML内容を収集・解析した。

今回の調査では、「CRONOS 2」の各種収集データのうち、アクセシビリティの基本対応、発展対応を象徴する項目として以下のデータを取り上げ、分析した。

調査結果概要

基本対応、発展対応の数値は、総ページ中、対応できているページの割合

自治体サイト全ページアクセシビリティ調査の結果表
レベル 自治体数 評価 次に求められる対応 基本対応 発展対応
サイト全体で基本・発展ともに十分対応している 配慮の適切さの確認
レベルの維持
90%以上 70%以上
サイト全体で、基本・発展ともに対応している 配慮の適切さの確認
発展対応の徹底
80%以上 40%以上
37 基本・発展ともに対応に着手している 基本対応の徹底
発展対応の徹底
60%以上 10%以上
102 基本対応が不十分である/発展対応の着手が遅れている 基本対応の徹底
発展対応の着手
40%以上
30 基本対応が不十分なページが極めて多い 基本対応の見直し・着手 40%未満

※調査結果詳細は、11/7に東京にて開催するセミナーで発表します。
※セミナー及び調査に関する詳細は、ウェブアクセシビリティ総合サイトA.A.O.(http://www.aao.ne.jp/)に掲載しておりますので、ご参照下さい。

調査・セミナーに関するお問い合わせ

アライド・ブレインズ株式会社  担当:目次(めつぎ)・大久保・田崎
Tel:03-3261-7431 Fax:03-3261-7432 e-mail:office@aao.ne.jp
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-8 トミービル3、 2階

→プレスリリース本文へ