トップページ > コンサルの考え方とメニュー > ウェブサイト信頼性改善コンサルティングとは?

ウェブサイト信頼性改善コンサルティングとは?

ユーザがウェブサイトから感じる信頼感は、大きく3つに分けられます。これらはいずれもユーザの主観的な判断によるものですが、サイトアクセス行動と最も直接的に関連するのが「2.利用した経験に基づく信頼感」です。ウェブサイト信頼性改善コンサルティングは、ここに焦点を当てます。

SEOなど既存のサイト対策は、あくまでウェブサイトへの流入量を改善するための施策です。ウェブサイト信頼性改善コンサルティングは、ウェブサイトの内容を見直し、サイト到達後によりよいユーザ体験を提供する方策を検討するもので、これまでにないサイト改善に向けた取り組みです。

1.評判に基づく信頼性

具体例

  • 口コミサイトでの評判がよいと、信頼感を感じる
  • 検索サイトで上位にランキングされると信頼感を感じる
  • 有名なサイトからの表彰やマークがあると信頼感を感じる

改善対象要素

  • サイト外の要因が大きいため、自サイト側の対象部分は明確でない

既存の対策の例

  • SEO対策
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • バイラルマーケティング

アライド・ブレインズの提供メニュー

  • SEO改善支援

具体例

  • 運営会社の情報がすべて正確に表示されていると安心感を感じる
  • 購入の際の注意事項をわかりやすく掲示したり、警告をだすなどの配慮があると信頼感を感じる
  • 商品などの情報量が豊富でユーザ視点だと信頼感を感じる

改善対象要素

  • サイトデザイン、提示情報内容等、ウェブサイトのあらゆる要素が対象

既存の対策の例

  • 「サイト信頼性 改善コンサルティング」の主対象
  • (ウェブサイトそのものの総合的改善)

3.習慣的なルールに基づく信頼性

具体例

  • 大手のショッピングサイトなどと同じ手続きのサイトだと信頼感がある
  • 申し込みの記入内容なども、一般的な手順と同じであれば安心感がある

改善対象要素

  • 特に申し込みや購入など、一連の操作が必要な複数ページにわたる部分

既存の対策の例

  • ユーザビリティテスト・改善

アライド・ブレインズの提供メニュー

  • サイトユーザビリティ診断
  • ユーザビリティ改善支援

ページの先頭へ


Copyright (c) 2008 Allied Brains, Inc.

運営:アライド・ブレインズ株式会社