トップページ > コンサルティングの背景 > 「情報の信頼性」「ウェブの信頼性」とは?

「情報の信頼性」「ウェブの信頼性」とは?

現在インターネットでは、商取引はもとより行政事務手続きに至る、生活のあらゆるやりとりがネットで行われる時代になっています。誰もが情報発信できるメリットの半面、玉石混交の膨大な情報の中から相手方や情報そのものの信頼性の判断を、利用者に強いる結果になっています。

ウェブサイトを閲覧したユーザは、サイトのデザイン、記述内容、更新状況などから、そのサイトの記述内容や開設者が本当に信頼できそうかを様々な要素、基準を動員して判断しています。
より確かな根拠を得るために、外部の口コミ情報や評価情報もしばしば用いられますが、まず対象のウェブサイトで一定の信頼感が得られることが、消費者が次のアクションを起こす大切な要件になります。

ウェブサイトにおける情報信頼性の基本構造図の説明

ウェブサイトにおける情報信頼性の基本構造を示した概念図

ページの先頭へ


Copyright (c) 2008 Allied Brains, Inc.

運営:アライド・ブレインズ株式会社